FC2ブログ

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人って。。。

2013-06-27

最近体操教室や公園、公共の遊具で遊ぶときに親を見ていて思うことがあります。
それは「早い者勝ち」であり「譲り合い」がないということ。
例えば、人が乗っている遊具に別の子が乗りたくて待っていても代わってもらえないとき、日本人だったら自分の子に「代わってあげなさい」って言いますよね。
また、公共のボールなどを他の子が取りに来たら「貸してあげよう」って言いますよね。
でも、ドイツ人は自分の子が先に遊んでいたら飽きるまでその子のものなんです。
だから待っていても代わってもらえず、横から乗りに行ったりしたらる~ちゃんが降ろされるし、ボールを取ろうもんなら奪い取り返して自分の子に戻すママさんもいるし、最初はショック&びっくりでした
もちろん私がる~ちゃんが悪いと判断したときはガツンと怒るけれど、公共の遊具を譲り合って遊べないのは子どもにとってどうなのかと思います

つい先日はミニミニのメリーゴーランドでまたまたカルチャーショックを受けました。
1回券もあれば3回券もあって5周くらいで終わる小さいメリーゴーランドですが、る~ちゃんはブーブーに乗りたいと言って並んでいました。
でも止まっても降りてくれないんです
あ~3回券を持っているからもう1回乗るんか...と思って我慢させて待っていました
止まったからる~ちゃんが乗ろうとすると、親がもう1枚チケットを渡してそのまま座らせるんです
明らかに次乗りたくて待っているのに、親がそれでは子どもが譲るわけがないですよね。
まず日本だったら一旦降りて交代するし、スタッフがそうするように声をかけたり調整したりもしますよね。
ドイツではやっぱり「早い者勝ち」で「飽きるまで続ける」のが当然なんや...と思いました
そのためにはよその子を注意するのも当たり前のようです
何度かカルチャーショックを受けています

旦那さんにこの話をすると仕事をしていても同じように感じるらしく、話題にもなるようです。
それは「日本人の譲り合いはすごい」のだそうです。
震災のときのニュースがこっちでも大きく報道されて、食糧が配られるときや毛布が配られるときなど、順番に並ぶ日本人の姿に驚いたようです。
自分が生きるため、自分の家族を守るためには他人を押しのけてでも前に出るのが当たり前で、そんなときに順番に並ぶことなど考えられないのだそう
私たちからすれば逆に順番に並ばないなんて考えられないけれど、今私はそんな国に住んでいて、自分もそうならないと自分や家族を守れないのか...と思うとなんか複雑な気持ちになります。。。

この日本人の気質をドイツ人は「素晴らしい」と思うと同時に「日本人は全く自己主張がない」と思うのだそう
だから仕事の上ではやりにくい面が多々あるのだそうです

よく帰国子女の子は変に自己主張して変わった子だと言われていたなぁ。。。
でも彼女たちはそれが当たり前でそうでなければならない環境で育てられていたから仕方なかったのか
でもる~ちゃんがそうなるのは避けたいなぁ。。。と悩みが増えてきます
う~ん。。。やっぱり幼稚園の途中で帰るのが一番やなぁ
どうかキリのいいところで本帰国になりますように

最後に最近のドイツですが...寒いです
予報通り15度ほど一気に気温が下がり、半袖の季節はもう終わったのか...
もう1回くらい暑くなるとは思うけど、身体がついていかないです
スポンサーサイト

Kindergarten

2013-06-19

る~ちゃんの入園日が決まりました
幼稚園のことは今までにもちょこちょこ書いてたけど(ほとんど愚痴で笑)やっとここまで来たという感じです

まず日本と違うところがいっぱいあって、大きく違うのがる~ちゃんはこっちでは学年が1つ上になること。
でも幼稚園は学年などほとんど関係なくて、日本のように入るべき年齢になったら一斉に決まったところに同時に入園する仕組みではない
自分で登録しに行って、空きが出るのを待たないといけない
ラッキーだったらすぐに入れて、普通に待てば本来の学年通り(今回のる~ちゃん)3歳になった年の9月始まり。
いっぱいで無理だったらさらに待たされて日本よりも半年から1年遅れになる。。。という仕組み

幼稚園の種類もいろいろあって、ほとんどがキリスト教の幼稚園で0歳児から入れるところもあればランチ付きのところもあるし、料金もさまざま。
私は何もかもが分からなくて選んでられなかったから、とにかく近くの幼稚園に登録しに行ったのでした

結果的にる~ちゃんは3歳から入れる家から1分くらいの規模の小さい幼稚園に運良く決まり、今日面接に行ってきました

園児は22人で外国人はる~ちゃんのみ。
お昼はついていないから持って行くけどパンとバナナとかそんな感じにするようにと。
部屋には室内遊び場やお絵描きコーナー、キッチンや子ども用トイレがあって庭には砂場や滑り台がある、日本と同じ感じ。

言葉が分からないし、親と離れたことがないし、体操教室に行ってもみんな一緒に歌ったりすることに興味がなかったり、じっとしていない落ち着きのない部分があるという心配な面を伝えたところ、る~ちゃんを見た先生は「大丈夫!すでにいろんなことに興味ありそうな感じだし、もっとママから離れられない子もいるから」って感じで笑ってました。
確かに私たちが話している間、外で園児と遊んでいたる~ちゃん
大丈夫そうかなあまり心配せずにとりあえず行かせてみよう!って思えて良かったです

先生もすごく良い感じで優しいし、私がドイツ語も英語もダメなのも分かってくれたし、あとはそのときそのときに考えればいいかな
イベントとかどこかへ行くとき私がついて行くこともあるし、ちゃんと他のママさんたちと馴染めるかドキドキだけど、なるようになれ!って思うようにします

最初は私がついて行って数時間見ながら慣れさせていくことになりました。
離れられても最初は午前中だけで迎えに行くことにします。

これでる~ちゃんも本格的な帰国子女の仲間入りか~
何か格好いいなぁ。。。笑
る~ちゃんにとってこの経験が無駄にならないように、どうかアジア人だからと差別されることもなく楽しんでくれますように。。。

ここ数日、日本並みの暑さのドイツ
ヤバイです。。。
なんせクーラーがないから本気で死んでしまいそう
る~ちゃんも身体がついていかず、夜は泣くし食欲はないし。。。でかわいそう

私も暑くて限界なのに1日中グズグズ言いっ放しでベタベタくっつかれてしんどいしんどい
夏が暑いのは仕方ないし日本よりはマシなはずやけど、クーラーがないのはキツイです

でも週末からまた15度くらい一気に気温が下がる
また体調崩しそうで嫌です
涼しい夏が長いといいのになぁ。。。

お魚販売&ウルム

2013-06-16

昨日は日本でおなじみのお魚たちが買える「北海水産」という魚屋さんがStuttgartに来てくれました
とにかく鯖が食べたくて、早く行かないと売り切れるからスタートと同時に着くように行ってきました

全て冷凍だから安心
そう思って塩鯖にブリに西京漬けに。。。といっぱい買って、見たら欲しくなったホタテとたらこも買っちゃいました
まぁ値段は日本では考えられへんくらい高いけど、ここで魚を食べるためには仕方ない
早速晩ご飯に鯖の塩焼きを食べて美味し~い
る~ちゃんも久しぶりの日本の味を喜んでバクバク食べていました

やっぱり日本食はいいなぁ。。。
たらこも楽しみ
高いから大事に食べないと(笑)

そして今日はいい天気だったので観光に行きました
行ったのは世界一高い教会のあるウルム

写真に入りきらないくらい大きくて高い
中も素敵でした
周りにはいろんなレストランがあってスペイン料理を見つけて食べました。
ドイツ料理に比べたら大満足(笑)

外で食べてる間る~ちゃんは男の子と小石遊び...。
料理を口に入れては遊びに行って相変わらず落ち着きのないる~ちゃんでした

今年も夏休みに友達が来てくれることになって、どこに行こうか考え中
海外もいいけどドイツ国内にも素敵なところがいっぱいあるからドイツもいいなぁって思っています
楽しみ

最近また肩こりがひどくて耳ツボしたり見つけたアロママッサージに行ったりしてるけど痛いからドラッグストアのハーブコーナーでユーカリバームを買ってみました

スーっとしていい感じ
クリームは自分で作れて香りや効果もいくらでもアレンジできるけど、この市販のバームのように触覚的にスーっとさせることができないから肩こりにはパンチがないんです
最近はハーブ商品のコーナーでいろいろ物色するのが楽しみでもあります
何が入っているのか。。。読むのは時間かかるけど笑。

ドイツのハーブ

2013-06-12

ドイツで困ることの1つに「手土産」があります
日本だったら美味しいお菓子屋さんがそこら中にあるしパパっと買って持って行けるけど、ドイツにはそれがないのが困る
最近お友達の家に行くことが多くて急に呼ばれたときは市場でいちごを買って持って行ったりします
市場に行けなかったらスーパーのジュースとかそんなんでも全然OKなんやけど、前もって予定が分かっているときは手作りお菓子を作るママさんが多いんですよねぇ

でも私はお菓子作りが大の苦手
やってみようかなぁとは思うんですが材料を揃えるところからもう面倒臭い笑。
あと食べるのはもちろん好きやけど(笑)作るときの砂糖の量で引いてしまったりするし…

そこで、常に家に材料があって手軽に作れて他の人とかぶらないもの
ここでもアロマが大活躍します

この間は呼んでくれたママさん含め3人に何でもクリームを用意しました
1人は0歳児の赤ちゃんがいるので赤ちゃんブレンドに
あとの2つは幼児ブレンドにして香りを変えて選んでもらいました
子どもと一緒に使えるアロマに質問も多く、喜んでもらえてみなさん興味あるんやなぁって思います

そして、やっと手に入ったラベンダータブレット

ドイツではハーブが漢方のように薬として売っています。
分かるかなぁ...と思いながらも勇気を出して薬局で聞いてみました。
意外と私のつたない英語でも薬が買えてあとは自分で試すのみ
ラベンダーはリラックス&安眠効果のあるタブレットです
早速試してみます
次はカモミールやペパーミントなどなどを買おうと思っています。

最近のる~ちゃんはドイツ語勉強中(?)
トトロのドイツ語バージョンを見つけて買いました。

毎日見てたら私も覚えられそうです
すでにる~ちゃんはちょこちょこ覚えて言っています。
もう私には欲がなくて無理やから早く覚えて教えて~って感じです笑。

1年経って。。。

2013-06-06

初めて渡独したのが去年の6月2日
1年経ちました。
今年は異常気象で夏が来ないのかと思うくらい寒かったのですが、ようやく暖かくなってきて昼間は暑い日もあります。
とか言いながらまた気温が下がるような気もしますが。。。

さて1年経って、ドイツ生活に慣れたといえば慣れました。
その慣れの中には諦めもいっぱいあります
特に食事。。。美味しくないことに諦めがついて、ここで揃う食材で少しでも美味しく食べられるように頑張っています。
お肉は◯◯のが美味しい
◯◯の魚が結構イケる
野菜は◯◯のがキレイ
パンは◯◯で買うのがいい
◯◯のお菓子が一番美味しい
調味料は◯◯で揃う
...っていうのが自分たちの中で決まってきたことで、だいぶマシになってきました
でも外食ではいつも「これなら自分で作った方が美味しいよなぁ」って言ってるような気がします
ついチップを払うのがイヤになる味ばかりなのが残念です笑。

明らかにドイツに来てから私は酒飲みになりました笑。
美味しいし安いし昼間から飲んでしまってます笑。

ドイツ語はまだまだ聞き取りすら難しいですが、分からない私にはゆっくり喋ってくれたりするので単語を聞き取って少しは会話も成り立つようになりました。
といっても簡単な簡単な会話ですが
分かりやすく言うと私の英語は中学生レベル、ドイツ語は3歳児レベルです笑。
そのうちる~ちゃんに抜かれるでしょう笑。

でも面白いのが海外に行って訳の分からない言葉は不安ですが、ドイツに戻ってきてドイツ語だとなぜかホッとします。
メニューもドイツ語だったら分かるものも増えてきました。
あと挨拶やお礼、お店で注文のときなどなど、海外でもついドイツ語で言ってしまう。。。
そういう点は慣れた証拠なのかなぁ

私とる~ちゃんの平日生活は毎日同じ感じです
週に1日か2日お友達と遊び、週1日体操教室、それ以外の日は公園に行ったり買い物に行ったりするか家で過ごすか...です
イライラすることもあるけれど、渡独して3ヶ月のときに体験した、何とも言えない苛立ちと孤独感からくる鬱のような症状は今のところ大丈夫です。

あの症状といえば。。。
私だけが特別じゃなかったんや...と思うことがありました。
ドイツ語の先生のところにもう1人、新婚さんで子どもはいない、私よりも少し歳上の生徒さんがいました。
彼女も旦那さんの仕事で2年~3年の駐在だったそうです。
ちょうど3~4ヶ月経ったある日、彼女は離婚を決めて帰国してしまったそうです。
どうやら不眠に悩まされたらしく、慣れないドイツ生活に将来が不安になったようで彼女の出した結論は「離婚」でした。
何も別れなくても、数年間の駐在だったら日本に残って待っていたら良かったのに。。。って思うけれど、本人にとってはそんな簡単なことではなく、いろいろ悩んで辛かったんだと思います。

私もあのときは逃げ出したかった
寂しくて辛くて不安で。。。
る~ちゃんがいたから頑張れたけど、誰にも助けを求められずに泣き崩れたこともあった。。。
なのに「まぁ頑張りなはれ」とか軽々しくメールしてくる人もいて腹が立った

でもここに思いをぶつけることで、友達たちからメールをもらったりコメントをもらったりしてなんとか頑張れました
ありがとうございます
これからも愚痴るけどよろしくです笑。

何とか気持ちを入れ変えてからは行動範囲も広がってアロマとの出会いもあって楽しく過ごせるようになりました
そんな姿しか見ていないドイツ語の先生からは「あなたは充分楽しんでるでしょう」って言われちゃいました
いやいや胃痛や頭痛、ホルモンバランスの乱れや不眠などなど身体に不調として現れてるし苦労もしてるし
もちろん日本が恋しいし帰りたい思いもあります

でもこの1年で訪れた国は
スペイン
オーストリア
スイス
フランス(南フランス・ストラスブール・アルザス・パリ)
イギリス
オランダ
ベルギー
ルクセンブルク
の8ヶ国
ドイツ国内も含めたらホントいろんな国に行けて貴重な経験をしています

しんどい分楽しいこともある
そう思って頑張って来れたし、これからも頑張ってみます

冬にまた日本に帰る日まで、できるだけ楽しいブログにできますように

ハイデルベルク

2013-06-02

ルクセンブルクから走ること2時間半
ドイツのハイデルベルク城に立ち寄りました。

あいにくの天気でる~ちゃんは雨ガッパにうさぎさんを背負って歩きました

旧市街にあるので風情があって素敵でした
もう1つ楽しみにしていたのがドイツ薬物博物館

ハーブから始まった薬の歴史が展示されていて日本語ガイド本を買ってきました
撮ってきた写真と照らし合わせながら勉強します

今回は世界遺産とアロマの旅でした
普段南ドイツに住んでいるから上の方のドイツ人は何か感じが違いました。
関西人と関東人の違いと同じなんやろうなぁ。。。
る~ちゃんに対する笑顔とかノリとか日本人に対する話し方とか南ドイツは関西風。
やっぱり私は関西人なので南ドイツで良かったです
だいぶ馴染みやすいなぁと思いました

これで夏休みまで旅行はお預けです
また夏を楽しみに頑張ります

ルクセンブルク

2013-06-01

ケルンから走ること2時間半
ルクセンブルクに到着しました。

ルクセンブルクにはドイツ食器で工場がルクセンブルクにあるというVilleroy&Bochがあります
一番にショップに行って、カップのセットと可愛い食器をいっぱい買っちゃいました

レジに立っているのが旦那さんです笑。

お揃いで可愛い
イタリアンが美味しくなりそう
日本でこんな量を買ったら絶対高いから、もう欲しいものは全部買っちゃいます笑。

そのあと向かったのがノートルダム大聖堂

あいにくの雨でゆっくり見れなかったけど、マリア様がいて中もキレイでした。

ルクセンブルクは小さな国でいろんな国が入り混じったような雰囲気でした。
言葉もルクセンブルク語だそうですが、フランス語とドイツ語が混じっていました。
食べ物はメニューが全く読めず、海鮮セットを頼んだら生の貝もあってちょっとドキドキ。。。
次の日大丈夫かなぁって言いながら食べたのでした

雨であまりウロウロできず、食器を買ったのと車から眺めたルクセンブルクの街並みに満足したので早めにホテルに戻って休んだのでした。
続く。。。
プロフィール

sweetorange7

Author:sweetorange7
主婦&アロマセラピスト。
旦那さんの仕事の都合でドイツに行くことになりました。
小さな子どもを連れてドキドキ&不安でいっぱいですが、ドイツはアロマ&ハーブの本場でもあるし、行くからには楽しみたいと思います。
子どもの成長とともに日々の生活を綴っていこうと思います。
sweetorange@mx.scn.tv

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。